スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【近刊予告】一休さんの般若心経講義/大角修

一休さんの般若心経講義(エソテリカ・セレクション)

大角修/著

四六判・256頁・定価1575円・2011年3月9日発刊予定・学研パブリッシング

色即是空は「とんち」である。

 一休(一休宗純)は、たいへん激しい気性の人だった。
 にこやかな「とんち小僧」との印象とは異なり、室町時代の厳しい禅僧である。
 自殺を試みたこともあるし、 同門の僧たちにケンカを売ったこともある。晩年には若い芸妓と寺で同棲もした。その型破りの言行が伝えられて、いろいろな「とんち話」が生まれた。
 そんな一休に、般若心経を説いた仮名法語がある。そこには現代人が失ってしまった死生観や人生観がある。
 本書は、その「般若心経講義」の前に、一休の生涯をまとめて第一部とした。

※装丁はまだできていません。

第一部
一休とんちの生涯
鴉は夜に笑う  風狂の禅   生死を斬る
俗流を斬る   山居と淫坊  『自戒集』の謎
乱世の一休   美人の婬水  柳は緑ならず
一休・略年表

第二部
一休 般若心経講義
般若心経[全文]
一休、般若心経を説く
智慧の心へ   人はそれぞれ観自在薩 うろうろするな
心と身体    弟子たちに告げる   色即是空
不生不滅    空と無        無のとらわれ
本能の欲求   浮世の塵       空への帰還
そこに道はない 空と祈願       観自在菩薩の心
心に恐れなし  諸仏は去らず     秘密の言葉
真実は虚しからず 我らに幸あれ

amazon.co.jp
スポンサーサイト
.02 2011 弊社代表 大角修 著書 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chijinkan.blog135.fc2.com/tb.php/26-ae4c96df

プロフィール

有限会社 地人館

Author:有限会社 地人館

Calendar


09 ≪ 2017/1011
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

訪問者数

有限会社 地人館 ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。