スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

我が社のアイドル

下の写真は会社で飼育してるハムスターたちです。
現在制作中の本のために飼育しています。
遊び疲れて寝てます。
丸くつぶれて寝てるのでお餅みたいに見えます。
えっ、見えないって!?
見えない人は心をキレイにしてからまた見て下さい。
きっと見えます。

ハムスター0001
関連記事
スポンサーサイト
.27 2011 会社のこと comment0 trackback0

イーハトーブ悪人列伝/大角修

イーハトーブ悪人列伝 宮沢賢治童話のおかしなやつら

大角修 著

四六判・256頁・定価2100円・2011年1月刊・勉誠出版

賢治の作品は、幻想的で美しい景色の中に、
どきっとするほど鋭い悪や汚辱の罪が挿入されている。
しかし、何が善で何が悪であるかはカオスの縁のように不分明であり、
オツベルときたら、やっぱり大したもんなのである。
そこには、どうしても悪をなしてしまう者への同情と共感がある。
そして、どんな人にも救いがあるというメッセージが文の底にそっと沈め置かれている。


【目次】
はじめに──賢治のマジック
森の中から呼ぶものの声がする──いつか秋の日に 
  どんぐりと山猫──黄金どんぐりの謎
イーハトーブ悪人列伝──もののはずみ・事のなりゆき論
  土神ときつね──罪つくりな無垢
  大したやつら──オツベルと象・毒もみのすきな署長さん
  イーハトーブの墓碑銘──ここに宮沢賢治の童話において死亡した者を誌す
ユートピアのゆらぎ──青い昔の幻燈のように
  ポラーノの広場──つめくさのあかりの彼方に
  雪渡り──狐たちの青びかりの石
  やまなし──クラムボンはわらったよ
反浄土──ねんねこ狸の大罪
  蜘蛛となめくじと狸──地獄行き競争の三人
  二十六夜──梟たちの夜は深い
三つのレクイエム──ねずみたちのアンハッピー
  ツェねずみ──暴かれる本性
  鳥箱先生とフウねずみ──説明されない死
  クンねずみ──ねたみぶかい教材
西根山有情──かあいそう論
  山男の四月──山鳥の羽は輝く
  祭の晩──かあいそうな山神
銀河の彼方に──祈りと願い
  銀河鉄道の夜──天気輪のめぐるとき
  雨ニモマケズ──宮沢賢治の願い
おわりに──衝撃のペンネンネンネンネン・ネネム


イーハトーブ悪人列伝


amazon.co.jp
関連記事
.25 2011 弊社代表 大角修 著書 comment0 trackback0

写真家 土田ヒロミ 特別講義

2011年1月22日土曜日、渋谷にある日本写真芸術専門学校で写真家・土田ヒロミ氏の特別講義がありました。この特別講義は毎年行われています。今回は写真を撮るひとりの人間として最も尊敬する土田ヒロミ氏の写真の見方を勉強する為に参加しました。70歳を超えるお歳ながら、どの写真家よりも若手の写真に対して鋭く反応を示し、良きアドバイスを送って下さる土田さんはやっぱり凄いと感じました。私自身大変に勉強になる充実した一日を過ごすことができました。(N.S.)


略歴
土田ヒロミ(つちだ ひろみ、1939年 ─ )は、福井県南条郡今庄町(現・南越前町)出身の写真家。本名は宏美。男性。福井県立武生高等学校、福井大学工学部卒。ポーラ化粧品本舗(現・ポーラ)の開発部に勤務しながら東京綜合写真専門学校に通う。1971年よりフリーとなる。東京綜合写真専門学校校長を務めた後、2000年より大阪芸術大学教授となる。「人の群れ」に対して焦点をあてた写真を多く撮る。
1971年・太陽賞受賞、1978年・伊奈信男賞受賞、2008年・土門拳賞受賞など多数あり。ニコンサロン運営委員。

土田ヒロミ・公式ホームページ
関連記事
.23 2011 日々雑感 comment0 trackback0

日々雑感に書くこと。

日々雑感はその日の出来事や知り合いの近況を思いのままに綴るコーナー。
ここでの話が人生に役立つかはあなた次第。
まぁ、基本的には無駄なのが多いかも。
あしからず。

関連記事
.21 2011 日々雑感 comment0 trackback0

ひとりで生きる道/大角修

ひとりで生きる道 [大愚]良寛の生涯に学ぶ

大角修 著

四六判・240頁・定価1575円・2010年8月刊・PHP研究所

良寛が39歳のとき、父が自殺した。
そのときから良寛の本当の修行が始まる。
故郷で後ろ指を指されながら修行し、
その孤独の中から、みんなとなかよしで、
子どもにも大人にも人気の「鞠つき良寛さん」の人徳を磨いた。
良寛が生涯をかけて戦ったのは、自分の心だった。


ひとりで生きる道

amazon.co.jp
関連記事
.20 2011 弊社代表 大角修 著書 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

有限会社 地人館

Author:有限会社 地人館

Calendar


12 ≪ 2011/0102
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する

訪問者数

有限会社 地人館 ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。